バストアップブラとは?効果や使用時に注意したいことを解説

バストアップブラとは?効果や使用時に注意したいことを解説

美しいバストを求める女性たちに人気のブラジャーといえば、「バストアップブラ」です。
雑誌やテレビなどでもよく取り上げられていますが、どんな効果があるのか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。
バストアップブラはバストを大きくきれいに見せるのに効果的ですが、一方で使い方にコツがあるので注意しなければなりません。
今回は、バストアップブラの効果をはじめ、正しい選び方や使用時に注意したいことなどを紹介していきます。



バストアップブラって?

バストアップブラとは、その名の通りバストを大きく美しく見せる機能を持ったブラジャーのことです。
一般的なブラジャーでもバストサイズをアップさせることは可能ですが、その効果を得られるのは基本的にブラジャーを着けている間だけです。
ブラジャーを外せば、あっという間にバストは元の形に戻ってしまいます。
この点、バストアップブラはブラジャーを外した後でも美しい形を維持できるよう作られており、いわばバストを理想的な形に「育てる」ためのものです。
バストアップブラは一般的なブラジャーと比べてカップが大きめに作られており、脇や背中に流れたお肉をバスト周りに集め、しっかりと固定することができます。

これにより、谷間をきれいに見せたり、バスト全体のボリュームを大きく見せたりすることが可能です。
着け心地を重視したものやアウターに響きにくいもの、かわいらしいデザインのものなど各メーカーから多種多様なバストアップブラが販売されているので、好みのものを選ぶと良いでしょう。
ただし、バストアップブラを着けさえすれば、必ず理想的なバストを手に入れられるわけではありません。
正しい効果を得るには、バストアップブラの種類や効果、正しい着け方などの基礎知識をしっかり理解しておくことが大切です。
バストのコンプレックスを解消するためにも、バストアップブラについて詳しく学んでいきましょう。



バストアップブラの種類や特徴

ひと口にバストアップブラといっても、その種類は大きく「育乳ブラ」と「ナイトブラ」に分けられます。育乳ブラは、バストをすっぽりと包み込むような形になっているのが特徴で、バスト周りの脂肪が揺れるのを防ぎます。
女性のバストはほぼ柔らかい脂肪でできているため、わずかな動きや重力などで位置がずれることも珍しくありません。
その脂肪を集めて育乳ブラでしっかりホールドすることで、バストサイズを大きく見せられるのです。

ナイトブラは、日中ではなく寝ている間にバストの脂肪が流れるのを防ぐためのブラジャーです。
横になっていると、バストの脂肪は重力に引っ張られて体の側面へ流れやすくなります。
長時間その状態でいると、バストを支えているクーパー靭帯という組織が伸びきってしまい、朝起きた後もバストを支えきれず形が崩れてしまうのです。それを防ぐには寝ている間もブラジャーを着ける必要がありますが、寝ている間に体を締め付けるのはあまり良いことではありません。
そこで役立つのが、ワイヤーやホックを使わずにバストを固定できるナイトブラなのです。
ワイヤーやホックを使っていなかったり、必要以上に締め付けないようにしたり、安眠を妨げないためのさまざまな配慮が施されています。

一般的なブラジャーよりもバストをしっかり包み込んで固定する構造になっている点は同じですが、育乳ブラとナイトブラでは使用するシーンやワイヤーの有無などに違いがあります。
快適かつ効果的にバストをサポートするためにも、それぞれの種類と特徴を正しく知っておきましょう。



バストアップブラの選び方

バストアップブラの効果を正しく得るためには、自分に合ったブラジャーを選ぶことが大切です。
選び方を間違えると、バストを大きく見せるどころか逆効果になったり、着用にストレスを感じたりしてしまう可能性もあるので注意しましょう。
正しい選び方としてまず押さえておきたいのが、「自分のバストサイズに合うものを選ぶ」という点です。
ブラジャーのサイズが大きすぎたり小さすぎたりした場合、きちんとバストの脂肪を固定することができません。
バストが垂れたりつぶれたり、スペースが余ったりして理想的な形を維持できなくなります。
自分のバストサイズがよくわからない場合は、一度ランジェリーショップなどに行って店員さんに測ってもらいましょう。

カップサイズを正しく選んだら、次はストラップ部分にも注目です。
肩からバストまでの距離や肩幅などには個人差があるため、ストラップ部分も調整可能なタイプを選んだほうが良いでしょう。
また、デスクワークなどで肩こりがひどい人の場合、ストラップが細いものより太いバストアップブラを選んだほうが肩に負担がかかりません。

さらに、目的に合わせたタイプを選ぶことも大切です。バストアップブラにはさまざまな種類があるので、自分が重視する機能を備えたものを選びましょう。
たとえば、脇や背中に脂肪が多い人は脂肪をバストに寄せるタイプ、ある程度バストの大きさがある人は、バストをきれいかつ立体的に見せられるクロス構造やサイドホックのあるタイプが向いています。
寝ている間も使いたい人は、昼用の育乳ブラを夜も使うのではなく、安眠を妨げない専用のナイトブラを準備しましょう。



バストアップブラを選ぶときのチェックポイント

バストアップブラを選ぶ場合、カップサイズやストラップのタイプ、目的に合った種類かどうかをチェックする以外に、着け心地を確認することも大切です。
バストアップブラは既製品であるため、完璧に自分の体にジャストフィットするとは限りません。
たとえカップサイズがぴったりでも、ストラップやホックの位置が微妙にずれていたり、窮屈さを感じたりすることもあるのです。
このため、購入する前に実際に試着してみて、問題なく動けるかどうか確認したほうが良いでしょう。

具体的なチェックポイントとしては、まずカップが挙げられます。
カップサイズがぴったりのものを選んでも、動いてみるとカップが浮いたりずれたりするケースもあります。
特に体をひねったときにブラジャーがずれることが多いので、実際に体を動かしてカップが浮かないか確認しましょう。
また、腕や肩を動かしたときにストラップがずれたり落ちたりしないか、腕を上下左右に振ったときにブラジャーが体に食い込まないかどうかも要チェックです。

バストアップブラのサイズが本当にあっているか自信がないときは、試着した後でジャンプしてみましょう。
バストアップブラはバストの脂肪をしっかりと固定できる点が特徴なので、きちんとサイズが合っていれば多少ジャンプしたくらいではずれません。
ジャンプしたときにバストが揺れたりカップがずれたりする場合は、きちんと固定できていないことを意味します。

また、前かがみになったときにブラジャーの後ろがずり上がってしまう場合も、サイズが合ってない可能性が高いのでほかのブラジャーを選びましょう。



バストアップブラをつけても胸は大きくならない!?

バストアップブラをつけても胸は大きくならない!?

バストを大きく見せられるバストアップブラは便利なアイテムですが、使用するうえで理解しておきたいポイントもあります。
それは、「バストそのものが大きくなるわけではない」ということです。
バストアップブラは脂肪をバストに集めて胸を大きく見せるためのものであり、使用したからといって実際にバストが大きくなるわけではありません。
そもそも、バストは乳腺組織の周囲に脂肪が蓄積して大きくなるものであり、ブラジャーを着けただけで大きくするのは難しいのです。

また、バストの大きさや形を決定づけるものは脂肪だけではありません。
乳腺組織の数や発達の程度によっても大きさは変わりますし、体と乳腺組織をつないでいるクーパー靭帯が伸びれば、バストの内容量は同じでも形が崩れやすくなってしまいます。
さらに、加齢やホルモンバランスの変化なども、バストの状態に影響を及ぼすことがあります。
このように、バストの大きさや形にはさまざまな要因が影響しているため、ブラジャーだけで理想的なバストにするのは不可能に近いのです。

このため、バストアップブラを使う場合、「これで胸が大きくなる」と過剰に期待するのはやめましょう。
バストアップブラはあくまでもバストの形を整えるサポートをしてくれるものであり、即効性のある万能薬ではないのです。
もちろん、長く使用し続けることで脂肪の位置が定着し、ブラジャーを外しても形を維持しやすくなる可能性は十分にあります。
即効性や確実性を求めるのではなく、サポートアイテムとして活用していきましょう。



バストアップブラを使うときの注意点

実際にバストアップブラを使う場合、快適かつ効果的に使用するために注意点を知っておきましょう
まず、バストアップブラも下着であることに変わりはないため、毎日交換できるよう複数枚用意しなければなりません。
洗濯の頻度にもよりますが、3枚以上あるとスムーズにローテーションできるでしょう。ただ、バストアップブラはカップが大きめだったりホールド力がしっかりしていたりするため、一般的なブラジャーと比べて高価なものが多いです。何枚も購入したり、より機能がしっかりしているものを選んだりすると、思わぬ出費になってしまうこともあります。
それでいて実際にバストを大きくする効果があるわけではなく、ブラジャーを外すとバストが元の状態に戻ってしまいます。

このため、コストパフォーマンスの面で不満を感じる人もいるでしょう。
実際にバストそのものを大きくしたいのであれば、思い切って豊胸手術をしたほうが早いこともあります。
手術をしてしまえば、バストそのものを自分の希望する大きさや形にすることができますし、ブラジャーを外しても形が戻る心配もありません。
自分に合ったバストアップブラを探して何枚も買いそろえる手間や費用もかからないため、ある程度の費用がかかっても豊胸手術をしたほうが満足感を得られる可能性が高いでしょう。



自分に合った方法でバストアップを目指そう

バストアップブラを使えば、バストを大きくきれいに見せることができます。
非常に手軽な方法ですが、ブラジャーを外すと形が元に戻ってしまうこと、実際にバストが大きくなるわけではないことなどのデメリットもあるため注意しなければなりません。
バストそのものを大きくしたいなら、信頼できる医師のもとで豊胸手術を受けるのもひとつの方法です。バストアップにはさまざまな方法があるので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。





※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。