受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

豊胸を受けたバストは固い?手術の種類による術後の柔らかさの違いを解説

豊胸手術について徹底解説!シリコンの寿命は?脂肪注入にも注目

女性にとって、こだわりを持つ人も多いパーツが「バスト」です。なかには、豊胸手術を検討しているものの、「バストが固くなるのでは」と不安になる人もみられます。豊胸手術後のバストの固さは、手術によって異なるため注意が必要です。ここでは、バストアップはしたいけれど手術によってバストが固くなるのは避けたいという人に向けて、種類ごとによる手術後のバストの柔らかさについて紹介します。



豊胸手術の種類によってバストの感触は異なる

豊胸手術は、大きく「ヒアルロン酸注入法」「シリコンバッグ式」「脂肪注入法」の3種類に分けられます。術後のバストの感触は豊胸手術の方法によってそれぞれ異なるため、注意が必要です。したがって、豊胸手術を行うのなら「自分のなりたいバスト」や「手術後の生活」を想像して、理想が実現しやすい手術方法を選択する必要があります。上記した3つの種類ごとに、具体的な手術方法やバストの感触、メリット・デメリットについて確認しておくのが大切です。



ヒアルロン酸を注入する豊胸手術の方法・手術後の感触

ヒアルロン酸注入法は、人体に存在しているムコ多糖類の一種の「ヒアルロン酸」を、注射器でバストに注入することで、バストアップを図る手術です。なお、手術の際は局所麻酔を行います。ヒアルロン酸の注入方法はクリニックによってそれぞれ異なり、「超音波(エコー)」で観察しながら注入するクリニックもあれば、そうではないクリニックもあります。ヒアルロン酸注入法はシリコンバッグに比べると、多少のバストの柔らかさを期待できるのが特徴です。

それでも、脂肪注入法と比べると、不自然な固さのあるバストになりやすいことを頭に入れておく必要があります。豊胸に使われるヒアルロン酸は、もともとの胸の脂肪よりも固めです。そのため、1箇所に大量のヒアルロン酸を注入すると、不自然な固さが生じる可能性があります。また、ヒアルロン酸は種類によって柔らかさが異なります。自然さを求めるのなら柔らかいヒアルロン酸が向いていますが、柔らかいほど持続期間が短い傾向があるため、注意が必要です。



ヒアルロン酸を注入する豊胸手術のメリットとデメリット

ヒアルロン酸を注入する豊胸手術のメリットとデメリットには、以下のようなものが挙げられます。まず、1つ目のメリットは「手術時間が比較的短い」ことです。事前のヒアリングには時間がかかるものの、注入だけであれば5~30分程度で完了するケースもあります。日々を忙しく過ごす現代人にとって、施術時間が短いのは大きなメリットといえます。

2つ目には「体の負担が小さい」ことです。ヒアルロン酸注入法は切開を行わない豊胸手術であり、シリコンバック挿入に比べると体への負担が小さく、施術を受けてから回復するまでの期間、いわゆる「ダウンタイム」も短いのが特徴です。デスクワークなどの仕事であれば、一般的には翌日から復帰できます。体への負担を抑えつつ、バストアップをかなえたい人にも向いています。3つ目のメリットには「1回あたりの費用が比較的安価」なことです。費用が安価であるため、手軽に挑戦しやすいと人気を集めています。

一方、1つ目のデメリットは「長期的な豊胸効果を望めない」ことです。ヒアルロン酸は、徐々に体内に吸収されてしまいます。したがって、短期的な結果を求める人には向いているものの、長期的な結果を求める人には不向きなのです。2つ目はヒアルロン酸注入だけで長期にわたってバストアップ効果を出そうとすると、「費用がかさんでしまう」ことが挙げられます。ヒアルロン酸は持続期間が長くないため、バストアップした状態を保つには繰り返し注入を行う必要があります。すると、注入にかかる費用がかさんでしまうのです。

3つ目は「場合によっては質の悪いヒアルロン酸を注入されてしまうリスクがある」ことです。あまりにも施術料金が安価なクリニックでは、質の悪いヒアルロン酸を使用していることがあります。その場合、効果の持続期間が著しく短くなる可能性があるため、クリニック選びは慎重に行うのが肝心です。



シリコンバッグを挿入する豊胸手術の方法・手術後の感触

豊胸手術の種類3.脂肪注入

シリコンバッグ式は、全身麻酔をした状態で、切開した場所にシリコンバッグを挿入する手術です。切開する場所は、脇の下である「腋窩(えきか)」「乳輪」「乳房下」の3種類となります。最も多いのは、術後の傷跡が脇のシワに隠れて目立ちにくい「腋窩切開」です。なお、手術後は数日の圧迫固定が必要になるのが特徴です。バッグの構造や充填する素材などが工夫された新製品の開発によって、術後のバストの感触は、昔と比べれば自然な柔らかさに近づいています。

しかし、胸を触ってバッグの部分に触れると、豊胸だと分かってしまう可能性が高い傾向にあります。なぜなら、バッグが体内に挿入されると、周りの組織からバッグに圧力がかかった状態になるためです。柔らかいバッグが開発されているものの、バッグを触ったときの柔らかさが、手術後に外から触ったときと同じになるわけではないため注意が必要です。また、脂肪注入法での豊胸は、注入した脂肪がもともとの脂肪となじんでいきます。一方、シリコンバッグ式豊胸ではそのようなことがないため、術後の自然さはどうしても脂肪注入法にはおよびません。



シリコンバッグを挿入する豊胸手術のメリットとデメリット

シリコンバッグを挿入する豊胸手術のメリットとデメリットには、以下のようなものがあります。まず、1つ目のメリットは「定期的に注入に通う必要がない」ことです。1回の手術費は高額になるものの、ヒアルロン酸注入法のように、定期的に注入に通う手間がかかりません。

2つ目は「希望に応じたバストサイズを選択できる」ことが挙げられます。希望に応じたシリコンバッグのサイズを選べるため、理想とするバストに大きく近づけます。3つ目は手術後にサイズを修正したくなった場合、「バッグを入れ直して修正できる」ことです。比較的簡単に修正できるため、あとで「気が変わったためこうしたい」というような要望もかなえられます。

反対に、1つ目のデメリットには「手術後1週間程度は痛みが生じるケースがある」ことが挙げられます。シリコンバッグの挿入には切開を行う必要があるため、手術の際の痛みがほかの方法に比べると強いのがデメリットです。2つ目は「バッグの破損リスク」です。シリコンバッグの経年劣化によって、まれにバッグの破損が起こることがあります。液体が漏れてしまうと、身体に炎症を引き起こす場合があるため注意が必要です。

3つ目の「レントゲンにシリコンバッグが写る」ことも難点です。健康診断や手術などでレントゲン撮影を行った場合、シリコンバッグがレントゲンに写ってしまいます。また、乳がん検診のマンモグラフィー検査の際、申告が必要になるのがデメリットです。



脂肪を注入する豊胸手術の方法・手術後の感触

脂肪注入法は、局所麻酔を行ったうえで自身の体の余分な脂肪を吸引して、その脂肪をバストへと注入・移植するという豊胸手術です。なお、池田ゆう子クリニックの場合、腕・お腹・背中、また、腰・おしり、太もも・ふくらはぎなど、気になる部位から脂肪を吸引できます。さらに、池田ゆう子クリニックで行われる脂肪注入法では、吸引した脂肪細胞を注射器で1ccずつという少量を5層にわたり注入・移植しています。これは、1カ所に大量の脂肪を注入すると、しこりになる危険性があるためです。慎重に注入・移植を行うことによって、しこりになるリスクを低減できます。

脂肪注入法では、もともとのバストとほぼ同じような、自然な柔らかさを再現できるのが特徴です。これは、バストの約9割が脂肪でできており、手術で注入した脂肪も「生きた脂肪組織」そのものとして機能するためです。仰向けになったときのバストの形や動きも非常に自然なため、周りに豊胸手術を受けたことを隠しておきたい人にも高い人気があります。なお、手術後1カ月程度は腫れや張った感じが残る場合がありますが、その期間を過ぎれば、自然な柔らかさが戻ります。



脂肪を注入する豊胸手術のメリットとデメリット

脂肪を注入する豊胸手術のメリットとデメリットには、以下のようなものが挙げられます。1つ目のメリットは「ほかの方法に比べて自然なバストが作れる」ことです。感触が良く、まるで本来のバストのような自然な柔らかさを再現できます。

2つ目は「バストだけに違和感が生じるリスクを避けられる」ことです。加齢にともない、体のほかの部分が衰えた結果、バストだけに違和感が生じてしまうことがあります。脂肪注入法なら、このようなリスクを避けられるのがメリットです。3つ目は「拒絶反応が起こりにくい」ことが挙げられます。自分自身の体にある脂肪を使うため、シリコンバッグ挿入法で起こるような拒絶反応が引き起こされにくいという特徴があります。

その反面、1つ目のデメリットは「ワイヤーブラが着けられない」ことです。術後3~4週間はクリニックで提供されるサポートブラを着用する必要があり、ワイヤーブラが着けられません。2つ目は「タイツサポーターの着用が必要になる」ことが挙げられます。脂肪吸引を行った部位の内出血やむくみを防ぐため、術後2週間は24時間タイツサポーターを着用する必要が生じます。その後も、3カ月程度は着用が推奨されるため、手間がかかってしまうのが難点です。

3つ目は「脂肪がしこりになる可能性がある」ことです。定着できずに残った脂肪が、まれにしこりになってしまうケースがあります。なお、しこりがアレルギーや拒絶反応、がんの原因になることはありません。また、池田ゆう子クリニックでは、必要に応じてしこり解消の施術が受けられます。



脂肪注入法で自然なバストができるまでの期間

脂肪注入法豊胸では、術後1週間程度は胸が張った状態になるのが一般的です。その後1カ月程度は、多少腫れた感じがあったり、胸に少し固い感触が残ったりすることがありますが、次第に自然な感触に近づいていくことがほとんどです。

特に、授乳経験がない場合は乳房の皮膚にゆとりが少ないため、術後しばらくはバストに固い感触が残りやすい傾向にあります。ただ、このケースも時間の経過にともなって柔らかくなっていくため心配はいりません。術後はバッグ挿入式で必要とされるようなバストマッサージは必要なく、なるべくバストへの圧迫を避けるようにするのが大切です。



シリコンバッグの豊胸を脂肪注入法でやり直すことはできる?

すでにシリコンバッグ挿入による豊胸手術をしているものの、「仕上がりに不満がある」「バッグの劣化で胸の形が崩れてきた」「加齢にともないアンバランスになってきた」などの理由で、バッグを除去したい人もみられます。しかし、バッグを取り出すだけでは、バストが元のサイズに戻ってしまうため注意が必要です。

池田ゆう子クリニックでは、「バッグ抜去(除去)+脂肪注入法バストアップ」のセット手術を行っています。バッグの取り出しはおおむね20~30分程度で終了します。脂肪注入法での入れ替えの場合は、そのあとにすぐ豊胸手術を行うので、誰にも気づかれることもありません。池田ゆう子クリニックの場合、バッグ抜去のみの場合の費用は50万円かかりますが、抜去に続き脂肪注入法豊胸手術を行う場合は、抜去にかかる費用は0円となります。



豊胸後の固いバストが不安なら脂肪注入法を選択肢に入れよう

3種類ある豊胸手術のなかで、最も自然な感触を得られるのは「脂肪注入法」です。池田ゆう子クリニックは脂肪注入法専門のクリニックで、数多くの手術実績があります。また、池田ゆう子クリニックは安全性に配慮しており、開院以来「医療事故はゼロ」です。バッグの取り出しと脂肪注入法豊胸のセット手術も行っているため、興味のある人はカウンセリング予約やメールカウンセリングを検討してみるのがおすすめです。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902