受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

豊胸手術は大きく分けて3タイプ!それぞれのメリット・デメリットとは?

豊胸手術は大きく分けて3タイプ!それぞれのメリット・デメリットとは?

豊胸手術を受けるにあたって、各手術方法のメリットだけでなくデメリットを知っておくことは大切です。本記事では豊胸手術の3タイプを紹介し、豊胸手術の持つ良い面と、注意が必要な面を解説します。メリットはもちろん大切ですが、デメリットもしっかり把握したうえで納得できる手術方法を選んでバストアップを目指しましょう。



豊胸手術の種類ごとの特徴を知ろう

豊胸手術には大きく分けて「バッグ挿入」「充填剤注入」「脂肪注入」の3種類があります。バッグ挿入は、シリコンなどでできた「インプラント」と呼ばれるバッグをバストの下に挿入する豊胸術です。メスで切開した部分からバッグを挿入する方法であり、基本的に全身麻酔下での手術となります。充填剤注入は、保湿成分としても知られるヒアルロン酸などジェル状の素材をバストに注入する方法です。充填剤注入式の豊胸術は、短期的な効果を得たい場合によく使われる手法です。


脂肪注入による豊胸術は、自身の体の脂肪を吸引して、その脂肪をバストへ注射器で注入・移植するという方法であり、部分麻酔で行うことが可能になります。脂肪注入法は、バストアップと同時に部分痩せも目指せる方法です。自身の脂肪を利用した手術になるため、アレルギーなどの心配もありません。バック挿入式、充填剤注入式、脂肪注入式それぞれにかかる施術費用を比較すると、一般的には充填剤注入式が最も安く、バック挿入式と脂肪注入式がほぼ同等の相場となっています。



バッグ式豊胸手術のメリット:大幅にバストアップできる

シリコンバッグを挿入する手術方法のメリットは、なりたいバストサイズに応じてバッグの大きさを選択できることです。1回の施術で3カップ以上の大きなバストアップも望めるメリットがあります。また、バッグ挿入の手術が終わった後に、サイズを修正したり更に大きなバストにしたりする場合は、好みのバッグを入れ直すことで修正が可能であることもメリットの一つです。バックの形には種類があり、アナトミカル型と呼ばれるしずく型バックと、ラウンド型と呼ばれるおわん型バックがあります。それぞれ自由に選択できますが、痩せている人にはデコルテ部分が不自然に浮き出ないようアナトミカル型を挿入するなど、体形に合わせた豊胸ができるメリットも魅力の一つです。



バッグ式豊胸手術のデメリット1:発がん性の疑われる製品がある

バッグ式豊胸手術については安全性に問題があるとの声も上がっています。例えば2019年4月、フランスの保健当局は豊胸手術に用いられるバッグのうち主流タイプに希少がんとの関連性が認められたとして、メーカーに販売禁止通達を出しました。関連性が認められたのは、希少がんの一種「未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)」です。日本で豊胸手術を受ける場合でも、海外製のバッグを医師が個人輸入している可能性があるので注意が必要になります。



バッグ式豊胸手術のデメリット2:痛みが強い

女性ホルモンを活性化するにはどうしたらいい?

バッグ式豊胸手術では切開をすることもあり、手術の際の痛みが他の方法に比べて強いと言われています。個人差はありますが、内出血や腫れるおそれがある手法です。手術後およそ1週間にわたって痛みが生じるケースもあり、場合によっては長期間痛みを我慢しなければならない可能性があります。切開を伴うため痛みが強いこと以外に、傷跡が残ってしまうというデメリットもあります。また、妊娠時や出産後は乳腺が大きく発達するためバックが乳腺を圧迫し、乳腺炎の原因になる可能性もあるとされています。

さらに、後遺症としてバックの周辺に固い膜ができるカプセル拘縮や、ぺこぺこへこむタッピング、しわが生じるリッピングがあります。これらはバックを入れることで体が反応した結果であるため、完全に予防することは不可能です。医学の進歩により起こる確率は下がってきていますが、必ず起きないとは言い切れないでしょう。また、長期間使用したり強い圧力がかかったりすることでバックが破損し、中の液体が漏れ炎症を起こすといったリスクがあります。



バッグ式豊胸手術のデメリット3:マンモを断られる可能性がある

マンモグラフィーとは、乳房を圧迫した状態で乳房専用のX線で撮影をする乳がんの検査方法であり、視触診では発見できない早期がんの発見に役立つため乳がん検診などで広く取り入れられています。バッグ式豊胸手術をした後は、バックの破裂や破損の恐れを考慮して、バストを圧迫して乳がんを検査するマンモグラフィーができない可能性があります。「プッシュバッグ」と呼ばれる手法であればシリコンバッグを入れている人にも対応できますが、この方法を行える機関は限られているため、もしマンモグラフィーを断られた場合は実施している施設を探す必要があるでしょう。



充填剤注入式豊胸手術のメリット:手軽で費用が安い

充填剤注入豊胸手術のメリットは注射でヒアルロン酸などの充填剤を注入するだけで完了するため、バック式豊胸手術などのように切開をせずに比較的手軽に済ませられます。ヒアルロン酸注入の場合、事前のヒアリング時間を除くと施術は長くても2~3時間程度で、注入だけなら5~30分で終わるでしょう。切開をしないため目立つ傷跡が残らず、術後に痛みが続くこともありません。特にヒアルロン酸注入の場合、他の術式に比べて1回あたりの費用が比較的安価です。施術を受けて体への負担が回復するまでの期間が短いことや価格が安価であることから、「プチ豊胸」として人気があります。デスクワーク程度であれば、施術後の翌日には仕事ができるでしょう。



充填剤注入式豊胸手術のデメリット1:合併症被害が相次いでいる

充填剤注入式豊胸手術のデメリットを紹介します。豊胸に使われる「充填剤」には、ヒアルロン酸などの吸収性のものと、ポリアクリラマイドなどの非吸収性のものがあります。このうち、非吸収性充填剤を使用した豊胸手術で合併症被害が発生。これを背景に、美容医療に関連する学会等から「安全性が証明されるまで非吸収性充填剤を豊胸目的に注入することは実施するべきではない」と訴える共同声明が公表されました。充填剤を使った豊胸術に関しては、厚生労働省からも注意喚起が出ているため注意が必要です。



充填剤注入式豊胸手術のデメリット2:吸収性充填剤だと元に戻る

充填剤注入式豊胸手術のうち、ヒアルロン酸豊胸手術のデメリットを紹介します。バストに注入されたヒアルロン酸は時間が経つにつれて体内に吸収されてしまうため、ヒアルロン酸豊胸手術ではバストアップ効果が徐々になくなっていくことがデメリットとして挙げられるでしょう。そのため旅行で海やプールなどに訪れる行楽に向けて直近で効果がほしい人には向いていますが、長期間のバストアップを望む人には向いていません。また、一度の施術でアップできるサイズが1~2カップ程度となり、バック式豊胸手術と比べ大きなバストアップが見込めないこともデメリットの一つです。

ヒアルロン酸豊胸は1回あたりの費用が比較的安価ですが、ヒアルロン酸注入だけで長期にわたりバストアップ効果を出そうとすると、かえってコストがかかる可能性が高くなります。注入するヒアルロン酸には複数の種類がありますが、場合によっては品質が低いヒアルロン酸を使用されてしまうことがあります。品質が悪いヒアルロン酸の注入は豊胸効果が長く続かない場合があるため、極端に安い施術料金のクリニックを選択しないよう注意が必要です。また、ヒアルロン酸注入によるバストの感触はゴムのように固い弾力があり、脂肪注入法に比べるとナチュラルな感触には程遠い出来になるデメリットもあります。



脂肪注入法豊胸手術のメリット:安全性が高く自然なバストになる

脂肪注入法の豊胸手術に関してはバッグ式豊胸手術にあるような注意喚起がなされることもなく、比較的安全性の高い豊胸術だと言えます。注入した脂肪はバストの脂肪と一体化するので、脂肪注入法豊胸ではもともとのバストとほぼ同じような自然な柔らかさを再現することが可能。脂肪注入法でバストアップした場合は、仰向けになった時の形や動きも自然で、豊胸手術をしたことが知られにくいメリットがあります。レントゲンに写り込んでしまうシリコンバッグと違って、レントゲン撮影の場面で周囲にわかってしまうこともありません。

吸引する脂肪はお腹周りや背中、腕やふくらはぎ、太ももなど気になる体の部位から選択できるため、気になる部分を細くしたい人にはおすすめです。バック式豊胸手術は7日間ほど激痛が続くと言われますが、脂肪注入法は痛みがほとんどありません。全くないわけではありませんが、鎮痛剤を飲めば抑えられます。また、バックを挿入した場合と違い、加齢により違和感が出ることはなく、いつまでも自然なバストが再現可能です。注入された脂肪は通常体内に吸収され、尿として排出されます。しかし、個人の体質によっては、まれに定着できなかった脂肪が残ってシコリになる場合があります。シコリによりアレルギーや発がんのおそれはありませんが、気になる場合は除去する施術があるため安心です。



脂肪注入法豊胸手術のデメリット:術後サポートブラの着用が必要

脂肪注入法による豊胸では、注入した脂肪の血行を促進してバストの形を保つために術後3~4週間はクリニックで提供されるサポートブラを着用する必要があります。それに伴い、デメリットは手持ちのワイヤーブラを着けられない期間があることです。また、脂肪吸引した部位の内出血やむくみを防ぐために、術後2週間は24時間タイツサポーターを着用する必要があります。タイツサポーターはその後もできれば3カ月程度は着用することが望ましいため、手術前と同様の生活に戻るためには、ある程度時間がかかります。豊胸手術から回復するまでの時間を短くしたい人には向いていません。


さらに、手術後は胸を圧迫することにより形が崩れてしまうことを避けるため、バストを押すことや触ること、うつぶせ寝をすることはしないように注意が必要です。一度の施術で大きくなるサイズは1~2カップ程度で、注入した脂肪の約3割しか体内に残りません。安心、安全な豊胸手術ですが、大幅にバストアップするためには何度か注入が必要になります。



豊胸手術の方法は安全性も考慮して選ぼう

3種類の豊胸手術の中でもバッグ挿入式と充填剤注入式に対する安全性が疑問視されています。脂肪注入法は2019年9月時点で厚生労働省等からの注意喚起もなく仕上がりも自然。池田ゆう子クリニックは脂肪注入法専門のクリニックで、多数の手術実績があり医療事故はゼロです。大学病院と同じ術式で局所麻酔も安全性の高いものを採用しています。気になる人はカウンセリング予約やメールカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902