受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

40代でも諦める必要はない!今からでも遅くないバストアップ法

40代でも諦める必要はない!今からでも遅くないバストアップ法

夏は肌の露出が気になる季節です。
大きくて女性らしい丸みのあるバストに憧れる女性は多いでしょう。
とはいえ、40歳を過ぎるとさまざまな理由からバストがボリュームダウンするようになります。
バストに自信がなく、年齢的に諦めているという女性もいるかもしれません。

しかし、いくつになってもバストアップは可能です。
この記事では、40代でバストダウンする理由やバストアップする方法について紹介していきます。



40代からでもバストアップは可能!

バストを構成している要素は、乳腺や脂肪、それらを支えるクーパー靭帯などです。
若いうちは乳腺の占める割合が高く、肌にもハリがあります。

しかし、年齢を重ねるにつれて次第に脂肪の割合が増えて柔らかくなり、わきや背中などに流れることで垂れてくるようになるのです。
ただし、動かしやすいということは、無駄な脂肪を簡単に寄せて集められるということでもあります。
そのため、40代だからといって諦める必要はなく、バストアップすることは可能です。
適切な方法でしっかりとお手入れさえすれば、美しいバストがつくれます。



40代でバストが小さくなる理由1.クーパー靭帯が伸びる

バストをハリのある上向きの状態で支えているのが、「クーパー靭帯」と呼ばれる結合組織です。
この組織は、バストの内側で脂肪や乳腺の間にあって、細かく網の目状に存在しています。
靭帯と呼ばれる組織はバストだけではなく肩やひじ、ひざなど身体の関節各部に存在していて、体の動きや形をサポートするのが主な役割です。
クーパー靭帯は、乳腺や脂肪を支えてバストを吊り上げる役割を担っています。

しかし、クーパー靭帯は年齢を重ねるうちに伸びてしまうのです。コラーゲンを主成分とするクーパー靭帯は、筋肉とは異なり、伸び縮みすることはできません。
一度伸びたら元に戻るのは困難です。
また、年をとると肌の弾力も失います。バストを支えている靭帯が伸び、肌のハリも失えば、胸が自然と垂れてしまうことは避けられません。
加齢によってバストが垂れてしまうのは、ある意味しかたのないことといえるでしょう。



40代でバストが小さくなる理由2.ボリュームが低下する

40代になると、バスト全体のボリュームが失われます。
若いころのバストは、肌にハリがあって乳腺組織も多く、クーパー靭帯でしっかりと支えられた状態です。
しかし、年を重ねるうちに次第に肌がハリを失い、乳腺の細胞が委縮して脂肪の割合が増えて柔らかくなってきます。
すると、若いころはしっかりとふくらみのあったバストの上部やワキがそげたような状態になるのです。さらにバストの下部がたわんで下向きになり、脂肪が外に流れてボリュームダウンしてしまいます。



40代でバストが小さくなる理由3.出産・授乳により変化する

妊娠中や授乳中はバストが大きくふくらんで、痛みを感じるほどだったという女性も多いでしょう。
これは、女性ホルモンの分泌量が一時的に増加し、乳腺が刺激されて発達したためです。

しかし、授乳が終われば女性ホルモンの分泌量がこれまでと比べて一気に減ります。
すると、乳腺も縮小し、大きくなっていたバストも小さくなってしまうのです。
妊娠・授乳でバストが大きくなった際は、バストの皮膚やクーパー靭帯も伸びています。
授乳後にバストが小さくなっても、伸びた皮膚やクーパー靭帯は戻りません。
その結果、バストが垂れやすくなるのです。

また、授乳中は乳首をくわえた赤ちゃんにバストを引っ張られた状態になります。
これもバストの皮膚が伸びる一因となり、下垂につながります。



40代でバストが小さくなる理由4.女性ホルモンの分泌が減る

女性ホルモンのエストロゲンには、女性らしい体づくりを助ける働きがあります。
たとえば、バストやヒップに女性らしい丸みが出てくるのも、エストロゲンの働きによるものです。
エストロゲンは30代半ばまではさかんに分泌されます。しかし、40歳を超えるころになると次第に分泌量が減ってくるのです。
エストロゲンの分泌量が減ればバストの乳腺も刺激されず、ハリが失われるようになります。

ホルモンの分泌量の減少は、加齢だけが原因ではありません。睡眠不足などの生活習慣の乱れや過度のストレスなどもホルモンバランスを乱す原因となります。
ホルモンバランスを整えるためには、十分に睡眠をとる、規則正しい生活を送るなど、生活習慣を見直すことが必要です。また、ストレスを溜めこまず、適度に発散することも大切でしょう。



40代のバストアップ方法1.入念にブラジャーを選ぶ

40代のバストアップ方法1.入念にブラジャーを選ぶ

バストが下垂したりつぶれたりしないようにするためには、バストのサイズに合ったブラジャーを入念に選ぶことが重要なポイントとなります。
これは、実際のサイズより小さいブラジャーをつけているとバストの形が崩れて育たない原因となり、大きいブラジャーでは脂肪がワキやお腹に流れてボリュームダウンしてしまうからです。

また、40代の女性は40代向けのブラジャーを選ぶ必要があります。
なぜなら、若いころとは体型が異なっているためです。
40代になって、たとえば20代向けのブラジャーをつけると、バストの上部がフィットせずに隙間があいてしまうといったことが起こります。

40代のブラジャー選びのポイントは、脇高のブラジャーを選ぶことです。
ブラジャーの脇に高さがあることで、バストの脂肪がワキや背中に流れるのを防止できます。
また、ワキや背中、お腹に流れた脂肪を寄せて集めるために、補正下着をつけるのも効果的です。
ウェストニッパーやリフトアップシェイパーなどを使うといいでしょう。



40代のバストアップ方法2.日頃からマッサージする

顔と同じようにバストも適切なマッサージをすることでハリが生まれ、下垂の防止につながります。
猫背の解消にもつながり、姿勢が良くなることでバストがアップして見えるようになるでしょう。
ただし、今日マッサージして明日変化が表れるというものではありません。毎日続けることが大切です。
毎日のスキンケアの延長でバストのマッサージを採り入れると、継続しやすいでしょう。

下垂防止に向いているのは、大胸筋と小胸筋をほぐすマッサージです。
特別な道具は必要なく、ハンドで行います。手順は次の通りです。
1.鎖骨の下、バストの付け根あたりに反対側の手を添えましょう。
2.そろえた指の腹で大きく円を描くようにしてコリをほぐしていきます。
握ったこぶしを使ってほぐしてもいいでしょう。ただし、痛むのを我慢してマッサージしてはいけません。
こぶしが痛い場合は、指で優しくほぐしましょう。

バスト上部がそげているのが気になる、垂れているという人に向いているのは、猫背を矯正して姿勢を正すマッサージです。
1.まっすぐ前を向き、頭の後ろで手を組み、大きく胸を広げた状態にしましょう。
2.組んでいた手を離して両手の平を正面に向け、ひじは軽く曲げた状態で上に上げていきます。
真上まで上げたら、肩まで下げましょう。
3.1~2を繰り返します。最初は10回、慣れてきたら30回程度行うことが望ましいです。



40代のバストアップ方法3.毎日欠かさずバストを保湿する

40代に入ると、肌のケアを何もしないでいれば瑞々しさを失い、ハリをなくすことは避けられません。
これはバストも同様です。マッサージを入念に行っていても、肌のお手入れを怠っているとたるんでしまうでしょう。
そこで、ハリを取り戻すためには、顔と同じようにバストもクリームなどの保湿剤を使ったケアをすることが大切です。
肌のハリが戻ると、ボリュームがあるように見えます。お手入れと同時にマッサージをするとより効果的でしょう。

保湿ケアのタイミングは、入浴後が適しています。
身体が温まり、脂肪が柔らかくなっているためマッサージによる変化も出やすくなります。
ただ、結果はすぐに出るものではありませんので、毎日続けることが大切です。



40代のバストアップ方法4.血行促進のためストレッチする

40代ともなると、肩や背中のこりに悩む女性も多いでしょう。
これがバストの下垂の原因になることがあります。
なぜなら、肩や肩甲骨のこりは血液の流れを滞らせ、大胸筋への酸素や栄養の巡りが悪くなって筋肉が衰えやすくなるからです。
バストの土台である大胸筋が衰えることでバストの下垂につながります。
そこで、ストレッチを行って血行を促進することが大切です。バストの位置を保つ効果が期待できます。

大胸筋を鍛えバストアップを目指すストレッチのひとつが「腕立て伏せ」です。
1.肩幅よりやや広めに手をつき、膝は床につけた体勢をとりましょう。
2.腕を曲げ伸ばしして身体を上下させます。このとき、呼吸はとめないようにします。

大胸筋を鍛えるストレッチとして「合掌ツイスト」も効果的です。
1.姿勢を伸ばし、ひじを真横にして胸の前で両手を合わせます。
2.息を吐きながら、10秒間、合わせた両手を押しつけ合いましょう。このとき、大胸筋に力を入れることを意識します。
3.2の状態で、身体を左右にゆっくりひねりましょう。10回程度が目安です。

最後に、肩甲骨をほぐすストレッチです。
1.右手で右肩に、左手を左肩にのせます。
2.肩の力を抜き、大きく円を描くようにしてひじを回しましょう。
肩甲骨が動いていることを意識することが大切です。
3.回すのは前に15回、後ろに15回が目安です。



40代のバストアップ方法5.バランスの良い食事を心がける

バストアップを目指すには、栄養バランスのとれた食事を3食とることが欠かせません。
ダイエットで極端に食べる量を減らしたり、忙しくて食事を抜いたりといったことをしてはいけません。
栄養が不足したり極端に偏ったりすると、肌がハリを失ったり脂肪が減ったりして、バストがボリュームダウンしてしまいます。

栄養はバランスよく摂ることが大切ですが、特に意識して摂取したいのは、大豆イソフラボンやビタミンB6、ビタミンEなどです。
大豆イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをすることで知られています。
納豆や豆腐など大豆食品を毎日の食事に採り入れるといいでしょう。
ビタミンB6にはエストロゲンの代謝を向上させる働きがあります。ビタミンB6が多く含まれているのはマグロやカツオなどの魚類です。
ビタミンEにはホルモンの分泌量を調整する作用があるとされ、ナッツ類に多く含まれます。
そのほか、良質なたんぱく質を摂ることも大切です。



40代のバストアップ方法6.できるだけバストを揺らさない

バストはクーパー靭帯が支えていること、一度伸びたり切れたりしてしまうと元に戻らないことは先に述べた通りです。
胸が垂れないようにするためには、できるだけクーパー靭帯を伸ばさないようにしなければなりません。
バストが大きく揺れても負担がかかりますので、これ以上垂らさないようにするためには、あまり揺らさないことが大切です。

たとえば、激しいスポーツをするときはクーパー靭帯への負荷を減らすためにスポーツブラを着用するといいでしょう。
スポーツブラはバストをしっかり包みこんで安定させ、激しく動いてもズレたり動いたりせず、クーパー靭帯への負担を減らします。



40代こそバストアップに挑戦してみて

40代でバストダウンしてしまうのは、クーパー靭帯が伸びたり女性ホルモンの分泌量が減ってハリが失われたりすることが原因です。
しかし、食事を見直す、ストレッチをするなど適切な対応をとることで40代からでもバストアップは可能です。

また、バストダウンしないようにできるだけ揺らさないようにしましょう。
豊胸手術もひとつの有効な方法です。池田ゆう子クリニックには、40代で豊胸手術を受ける女性がたくさんいます。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902