受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

30代からでもバストアップできる!今すぐ試せる方法をチェック

30代からでもバストアップできる!今すぐ試せる方法をチェック

夏になると薄着になり、海やプールに行く予定がある場合には水着を着る機会もあるでしょう。
体型が分かりやすくなる分、自分のバストに自信が持てない人にとっては悩みが増える季節だといえます。
バストアップは年齢を重ねると難しいと考えている人も多いですが、30代からでも遅くはありません。
今回は手軽にできるバストアップ法をいくつか紹介しますので、ぜひ実践してみてください。



30代からでもバストアップできるの?

バストの成長は思春期に始まり、一般的に25歳前後で完成形になると言われています。
多くの人はこの時点でバストの成長は終わってしまったのだと思い、その後のバストアップを諦めてしまいます。

しかし、思春期に生活習慣の乱れがあった場合などは、バストが未発達のまま大人になっている可能性が高いです。
例えば、毎日夜中まで勉強していたなどで睡眠が不十分であったり、過度なダイエットによるホルモンバランスの乱れがあったりした場合です。
もちろん、成長期にきちんとバストを発達させておくことが望ましいですが、止まってしまった成長を促すことで30代でもバストアップできる可能性があります。

ただし、規則正しい生活をすることで自然とバストの成長が期待できる10代・20代とは違い、30代でバストアップを目指すなら努力が必要です。
マッサージや食事、ホルモンバランスや睡眠など、これまで以上に気を付けなくてはいけません。
また、30代になると加齢によって形が崩れる心配も出てくるので、バストアップさせるには成長を促すだけでなく、形が崩れるのを防ぐ工夫も同時にしていく必要があります。



30代でバストが気になる理由は?

20代の頃はバストに関する悩みがなくても、30代になってからバストアップを意識するようになったという人は多いです。
その理由として大きいのは、年齢によって起こるバストの状態の変化です。女性は年齢を重ねるごとに、自然と女性ホルモン分泌量が低下していきます。
一般的に女性ホルモンの分泌量は思春期から増え始めて30歳前後でピークを迎え、それ以降は低下していくと言われています。
バストアップするためには女性ホルモンの分泌量を増やすことが大切ですが、そのままにしておくと女性ホルモンの分泌量は減る一方なのでバストアップは望めません。

また、年齢とともに筋力が低下してくることでバストを支えることができなくなり、バスト全体が垂れてきてしまいます。
そのため、大きさ自体はあまり変わっていなくてもバストが小さく見えるようになります。年齢によって失われるのは筋力だけではありません。
加齢とともに肌の水分量や女性ホルモンの分泌量が低下し、ハリやツヤが失われていきます。
バストに弾力がなくなってしまい、しぼんで小さく見えてしまうのも30代以降に見られるバストの悩みです。



30代からバストアップする方法1.食事バランスに気を付ける

バストアップのためには、バランスの良い食事を摂ることがとても大切です。
バストは乳腺や脂肪、クーパー靭帯などで構成されていますが、9割が脂肪です。
太ってしまうことを気にして体に脂肪が付かないよう食事を減らす女性も多いですが、バストのためにはまずは3食しっかり食べることが必須となってきます。
極端なダイエットは避け、栄養バランスの整った食事を心掛けたうえで、バストアップに向いている食材を多く取り入れるようにしましょう。

大豆に含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と分子構造が似ており、女性ホルモンと同じような働きをすると言われています。
イソフラボンはほとんどの大豆製品に含まれていますが、味噌汁や豆腐、納豆やきなこなどは特に含有量が多いです。
女性ホルモンを活性化させる働きのある「ボロン」は、キャベツやりんご、ナッツ類、海藻類などに多く含まれており、生で食べると成分を壊さずに摂取できます。
バストを支える大胸筋の土台作りには、筋力トレーニングだけでなく良質なタンパク質が欠かせません。
鶏肉、乳製品、豆類などに多く含まれているので、積極的に摂取しましょう。



30代からバストアップする方法2.ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えることは、バストアップのためにとても大切なことです。
女性ホルモンの分泌量を増やすことはバストの要である乳腺の発達につながるだけでなく、バストのハリやツヤを保つためにも必要です。
女性ホルモンの分泌量は年齢とともに減少してしまうので、30代以降は分泌量の急激な低下を防ぎ、ホルモンバランスを保てるような生活習慣を心がけましょう。

女性ホルモンはとてもデリケートなので、ちょっとしたきっかけでもホルモンバランスが乱れる可能性があります。
睡眠不足や偏った食事、ストレスなどが主な原因です。ホルモンバランスの乱れはバストアップに関わるのはもちろんのこと、それによって体に不調が起きることもあります。
更年期障害や生理不順など女性特有の悩みには、女性ホルモンが大きく影響しています。
ホルモンバランスの乱れによる生理不順が続く場合には、婦人科に行って改善することも検討しましょう。



30代からバストアップする方法3.ストレスを溜めない

女性ホルモンは非常にデリケートなものなので、ストレスは大敵です。
30代の女性の場合、仕事では責任のある業務を任されている人や、働き盛りということでオーバーワークになっている人も多いです。
外で働いていなくても、30代は家事や育児に追われている人が多い世代でもあります。
さらに、仕事と家事・育児の両方で忙しい毎日を送っているという人も少なくありません。
環境の変化や仕事のストレスにさらされることも多く、これによって女性ホルモンのバランスが狂ってしまうことがあります。

また、10代や20代のころはストレスに対して敏感であっても、30代になると我慢することに慣れてしまう人もいます。
自分がストレスを感じているということに気付きにくくなり、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまうこともあるでしょう。
まずは、自分が日頃どのようなことにストレスを感じているのかを意識するようにして、できるだけすぐにストレスを発散することが不可欠です。
自分にとって最適なストレス発散方法を見つけておくと、溜め込む前にストレスを解消できるようになります。



30代からバストアップする方法4.質の良い睡眠を心がける

バストアップには不可欠であるホルモンの分泌を促すには、質の良い睡眠を心がけることが大切です。
しかし、30代で働き盛りでもある女性の中には、睡眠時間が思うように取れない人も多いでしょう。
十分な睡眠時間を確保することが難しい場合には、短い睡眠時間であっても「睡眠の質」を高められるようにしておきます。
反対にいくら長時間の睡眠時間を確保していても、睡眠の質が低ければホルモンの分泌を促すことはできないので、時間よりも質を大切にしましょう。

成長ホルモンの分泌がもっとも活発になるのは、ノンレム睡眠に入ったときです。
就寝から30分後にそのタイミングが訪れるので、より深い睡眠に入れるよう就寝前に体を温めておくといった工夫が必要です。
また、寝る前にブルーライトを浴びてしまうことも睡眠の質を下げる原因となるので、就寝30分前にはパソコンやスマートフォンの操作はしないよう心がけましょう。



30代からバストアップする方法5.育乳ブラを使う

30代になるとバストは大きさだけでなく形も意識しないといけません。バストアップのためには「育乳ブラ」のようなアイテムも取り入れるようにしましょう。
育乳ブラは30代になって増えてきた二の腕や脇などの余分な脂肪を、胸に寄せて形状記憶させるためのアイテムです。
バストの大半は脂肪なので、脂肪の位置をどのようにコントロールするかがバストアップに重要です。
脂肪を寄せることでバストアップだけでなく、脇や背中をスッキリとさせる効果もあるので、全体的にスタイル良く見えます。

ナイトブラも使うことで寝ている間にバストの形が変わってしまうことを防げるようになるので、自宅にいるときもブラジャーを着用するのが良いです。
横になるとバストの脂肪は重力によって左右へ動いてしまい、バストが垂れたり離れたりしてしまう原因となります。
ナイトブラを着用することでバストの形をキープすることができ、胸に寄せた脂肪も寝ている間に形状記憶させることでバストアップにつながります。



30代からバストアップする方法6.自分に合ったブラジャー選び

自分に合ったブラジャーを選ぶことで、バストの形が崩れるのを防げます。
30代になると20代の頃とは体型が変わるため、そのままのブラジャーでは体に合わなくなってきます。
隙間ができてしまうなど体に合わないブラジャーをつけ続けると、バストが垂れてきてしまうので注意が必要です。
きちんと自分の胸に密着し、バストを正しい位置で固定できるよう支えられるものがベストです。
背中や脇の脂肪が気になるからといって、無理に引き締めようとブラジャーで圧迫してしまうのも、胸には良くありません。
バストアップに必要な乳腺の発達を妨げてしまうだけでなく、圧によってバストにある脂肪が脇などほかの場所へ流れてしまうため逆効果です。

また、30代は妊娠や出産を経験する時期でもあります。妊娠中から授乳の準備に向けてバストも大きくなり、出産後は授乳を繰り返すことでサイズダウンしてきます。
バストのサイズが大きく変化することになるので、その都度サイズの合うブラジャーを着用するよう心がけましょう。



授乳のときの注意点

授乳のときの注意点

バストは乳腺を中心に脂肪が付き、全体を「クーパー靭帯」で支えることで形をキープしています。
クーパー靭帯は一度切れたり伸びたりしてしまうと元に戻ることはありません。
胸が激しく揺れたり長時間引っ張られたりすることによって、クーパー靭帯は傷つきます。
授乳時にはクーパー靭帯が長時間引っ張られるということが繰り返されるため、授乳によって胸が垂れて小さくなってしまう場合があります。
授乳で胸が垂れないようにするには、赤ちゃんをできるだけ自分の体に近づけて抱き寄せ、無理なくバストに負担の掛からない姿勢で授乳するようにしましょう。



30代のあなたもバストアップを始めてみよう!

30代になるとバストが気になってしまう人が増えるのは、20代と比べて加齢の影響を受けやすいことが理由です。
30代からバストアップを目指すには、食事や睡眠などでホルモンバランスを整えることやストレスを溜めないこと、ブラジャーを変えることなどさまざまな工夫が必要です。
また、授乳によってバストが小さくなってしまう場合もあるので、授乳時の姿勢はその点も意識しましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902