受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

胸の悩みは人それぞれ!コンプレックスを魅力にしよう!

胸の悩みは人それぞれ!コンプレックスを魅力にしよう!

女性が胸の悩みを抱えているケースは珍しくなく、それぞれに悩みの内容は異なっています。
胸が小さいと悩んでいる人もいれば、逆に大きいことで困っている人もいるのです。
そんな女性の胸の悩みについて、具体的にどういう内容なのか紹介しましょう。
また、胸に関するコンプレックスを魅力に変えるためのポイントについても解説します。



胸の悩み1:小さい

胸の大きさには個人差があって、成長期を迎えてもあまり大きくならず、小さい頃のままの状態になってしまう人がいます。
それを個性として受け入れることができず、コンプレックスを抱いている女性は少なくありません。
周りの女性と比較して自身の胸が小さいため、自分に女性らしさが欠けていると考えてしまうのです。
自分は女性として問題を抱えているのだと落ちこんでしまいます。胸が小さいために恋愛に対しても消極的になってしまう人もいます。
これは、男性が女性の胸にこだわるのではないかという思いこみによります。
胸が小さいと男性にアピールすることができず、恋愛ができないと思ってしまうのです。
好きな男性が大きな胸を好むならば、自分は相手にしてもらえないと不安になってしまいます。
胸の大きな女性に恋愛で負けてしまうと考えるかもしれません。このような理由から、胸の小さな自分に自信を持てなくなる女性が多いのです。

また、胸が小さいことで洋服や下着、水着などを着るときに問題が生じてしまうこともあるでしょう。
基本的に女性の衣類は、ある程度胸があることが前提のデザインとなっているからです。
ブラや水着を着ても、胸が小さいために上手く装着することができずに悩んでいることがあります。
パッドやヌーブラなどを使うことになり、それが余計に自信をなくさせる原因となってしまうのです。



胸の悩み2:大きい

胸が大きいと、その重量が肩や首などに負担をかけてしまうため、肩こりなどの原因になることがあります。
慢性的に症状が続いてしまい、日常生活に影響が出てしまうこともあるのです。
胸の大きさは、たとえダイエットしたとしても小さくならないケースがあり、苦労している女性はたくさんいます。
また、胸が大きいために着ることができる洋服も制限されてしまうのも悩みのひとつです。
可愛らしい洋服を見つけたとしても、着られないために諦めなければいけないことがあります。
胸の大きい人のための洋服も出ているのですが、デザインは限られてしまうでしょう。

胸が大きいと服を着ていたとしても目立ってしまい、特に男性からの視線が集まることが多いです。
職場でもプライベートでも、自分の胸を見られることがあり、そのことで嫌な思いをしてしまう女性がいます。
注意するわけにもいかずに我慢してしまい、それがストレスとなるのです。

胸が大きいためにうつぶせで寝るのが困難になってしまい悩んでいる人もいます。
うつぶせになると圧迫感が出てしまうため、苦しくなってしまうのです。
胸が大きいために普通の人が当たり前のようにしていることが難しくなります。



胸の悩み3:左右で大きさが違う

人間の体は左右のパーツがまったく同じということはなく、形や大きさなどが異なっているのが普通です。
バストの場合も同様で、左右の形や大きさなどが異なっているケースは少なくありません。
左右の大きさが違ってしまうと、バランスが悪く見えてしまいます。自分の胸に自信を持てなくなり、コンプレックスになってしまうでしょう。
その結果、恋愛に対して消極的になる女性もいます。男性に見られたときのことを考えると、嫌な気持ちになってしまうのです。

また、大きさが異なると、下着選びにも苦労してしまうケースがあります。
下着は基本的に左右の胸の大きさが同じものとして設計されているからです。
大きいほうに合わせると小さいほうに隙間が生じてしまうでしょう。逆に小さいほうを基準にすると、反対側の胸が圧迫されてしまいます。
胸が圧迫されると苦しくて血流が悪くなるため、健康にも影響を及ぼす可能性があります。

左右で大きさが違う場合には、小さいほうにパットを詰めて調節することが多いです。
しかし、パットは、ずれてしまう可能性があって気になることがあるでしょう。
左右で大きさの違うブラを特注することも可能ですが、これには高い費用がかかってしまい、簡単にできることではありません。



胸の悩み4:形が気になる

胸の悩み4:形が気になる

バストの形がきれいでないことにコンプレックスを抱いている人がいます。一般的には、上向きで丸い形をしているのが理想的とされているのです。それが、下向きになっていたり、いびつな形をしていたりすると、見た目が悪くなります。形が悪いと男性に見せたくないと思ってしまい、恋愛に対して消極的になってしまうでしょう。
普段はブラによって形を整えることができるのですが、脱げば形の悪さが一目瞭然になってしまうのです。

左右の胸が離れている場合は谷間を作りにくくなります。
女性のファッションとして、上手く谷間を作ることは重要です。
谷間がないと、見た目が悪くなってしまい、胸元のあいた服を着にくくなります。
胸が垂れてしまい位置が下がりやすくなる悩みを抱えている人もいるでしょう。服の上からでも胸の位置はよく分かるため、普通よりも下にあると不格好になってしまいます。
また、胸は一般的に加齢によって垂れてくることが多く、将来が不安で悩んでいる女性もいます。
ほかには、胸の上部がえぐれている、シワができている、左右で形が異なるといった悩みもあります。



胸の悩み5:色が気になる

胸の色は個人差が大きく、特に乳首周辺の色が気になっている女性は多いです。
薄いピンク色の胸に憧れている女性はたくさんいて、そのような胸を理想とする男性も大勢います。
しかし、現実には薄くてきれいなピンク色をしている女性ばかりではなく、黒ずんでいたり、くすんでいたりして悩むケースがよくあるのです。

また、若い頃は薄いピンク色だったのに、加齢によって色が濃くなり黒ずんできたという人もいます。
胸の色がきれいでないと男性に嫌われるのではないかと考えてしまう女性も少なくありません。
胸に自信を持てず、恋愛にも億劫になってしまうのです。

形については、エクササイズによって筋肉を鍛えれば整えることはできます。
しかし、色は自分の努力によって変えることは簡単にできず、諦めている女性も多いでしょう。
本当はそれほど黒ずんでいなくても、気にしすぎているケースもあります。
自分の胸の色を他人と比較する機会はあまりなく、自然な色であるにもかかわらず、黒ずんでいる気がすると考えてしまうのです。
一度気になってしまうと、胸の色のことが頭を離れなくなり、大きな悩みへと発展します。



胸は遺伝で決まるもの?

胸の大きさや形、色などは個人差がかなり大きく、それぞれが異なるものを持っています。
それでは、この違いは遺伝によってすべて決まるかといえば、実際のところは遺伝以外の要因も影響しているのです。
遺伝だけではなく、普段の生活習慣や食事などの影響も強く受けます。そのため、親子や姉妹で胸が似ている場合は、遺伝だけではなく、同じような環境で生活していることが強く影響している可能性が高いのです。
胸は顔と同じでそれぞれの個性といえるものであり、さまざまな要因が複雑に影響して形成されます。

一般的には、思春期を迎えると女性ホルモンの分泌が活発となって、胸の成長も促されるものです。
しかし、女性ホルモンが十分に分泌されていない、ホルモンバランスが崩れているなどで胸の成長が阻害されることがあります。
その結果、胸がきちんと成長しないで、形や大きさなどのバランスが崩れてしまうことがあるのです。
女性ホルモンの分泌は、生活習慣やストレスなどの影響が大きいため注意しなければいけません。たとえば、姉の胸が大きくても、妹の胸が小さいということも起こりうるのです。

姿勢が胸の成長に影響を与えてしまうこともあります。
姿勢が悪いと血流が悪くなってしまい、老廃物の排出も滞るため、胸のハリが失われてしまうのです。
ほかには、サイズの小さいブラジャーをつけていて、それが胸を圧迫して、形を悪くするケースがあります。
無理なダイエットによって、胸が小さくなってしまうこともあるでしょう。



コンプレックスを魅力に変えるコツ

胸の大きさや形などで悩みを抱えていたとしても、簡単に変えられるものではないため、受け入れることも大切です。
自分の胸は個性であり、ほかにはない唯一無二のものであると考えましょう。それは他人と比較して優劣をつけるようなものではありません。
また、自分の胸を魅力的に魅せるための方法を工夫することで、コンプレックスを解消することもできます。
どんな胸であっても、それに合った形の下着はあるものです。体に合ったものを着用することで、きれいな見た目となり、魅力的に見えるようになります。
自分に合った形やサイズのものでないと、胸の形が崩れる原因となるため気をつけましょう。ブラを別のものにすると胸の形が変わったというケースもあります。

補正下着というものが出ていて、これによって胸の形や大きさを整えることが可能です。
補正下着によって、胸を正常な形や位置に戻すことを期待できます。常に理想的な状態をキープすることができ、それを継続することによって、胸を変えられるかもしれません。
ファッションを工夫することで、胸を魅力的に魅せる方法もあります。たとえば、胸元が目立たない服をあえて着ることで、胸の小ささを意識させないことが可能です。
Vネックを着るときに、インナーも工夫することで、色っぽさを演出する工夫もあります。自分の胸について悩んでいるだけではなく、変えるための努力をしてみましょう。



胸の悩みを解消し、自分に自信を持とう!

自分の胸にコンプレックスを抱いていたとしても、実は他人から魅力的に見られていることがあります。
また、さまざまな工夫をすることで、胸を魅力的に魅せることは可能です。しかし、一度コンプレックスを抱えてしまうと、自信が持てない女性は多いでしょう
もし、胸が小さいことで悩んでいるならば、豊胸をするという手段があります。
豊胸など胸の悩みを解決するための手段を実戦して、自分に自信を持てるようになりましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902