受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

豊胸で後悔したくない!おすすめの手術と注意点を紹介!

豊胸で後悔したくない!おすすめの手術と注意点を紹介!

女性として魅力をアップさせるために、豊胸手術をしてみたいと思っている人もいるでしょう。
しかし、中には豊胸したことを後悔する女性もいるのです。
豊胸手術で後悔しないためには、ポイントを押さえる必要があります。
この記事では、豊胸手術でも主な後悔理由や注意したほうがいいポイント、おすすめの豊胸手術などについて解説していきます。



豊胸手術で後悔を感じる理由1:痛み

豊胸手術を後悔する理由としてはまず、痛みが挙げられます。
特にバッグ挿入法と呼ばれる豊胸手術では、痛みを感じやすいとされているのです。
バッグ挿入法とは、その名の通りバッグを胸に挿入して、バストを大きくする方法となっています。
生理食塩水やシリコンが入ったバッグを脇の下から挿入して、胸を大きくします。
バッグ挿入法は、比較的安価で手術ができますが、脇の下を切開してバッグを入れるため、痛みが強い場合があるのです。
個人差はありますが、手術の際に内出血を起こしたり腫れたりしてしまうことも珍しくはありません。手術後の痛みがひどいことも特徴のひとつで、人によっては激痛を感じてしまう場合もあります。
7日ほどは痛みが続くとされていますから、痛みに弱い人には辛い手術法だといえます。また、切開の跡が痛むこともあるので、注意が必要です。



豊胸手術で後悔を感じる理由2:手術跡が目立つ

豊胸手術で後悔を感じる理由2:手術跡が目立つ

手術跡が目立ってしまうのも、後悔しやすい理由のひとつです。
バッグ挿入法は、一般的には脇の下、もしくはアンダーバストを切開してバッグを挿入します。
そのため、切開した後がどうしても残ってしまうのです。基本的に、手術の跡は数カ月程度で目立たなくなるとされています。
脇のシワで目立ちにくくなるため、あまり気にならないという人もいるようです。しかし、切開の跡は完治するものではありません。
そのため、人によっては目立ったままで気になってしまう場合もあります。
8カ月経っても目立ったままで、海やプールなどで腕を上げることができないという人もいますので、個人差があるのを覚えておくことが重要です。



豊胸手術で後悔を感じる理由3:形や感触が不自然

形や感触が不自然で、後悔するケースもあります。まず、バッグ挿入法で豊胸した場合です。
バッグ挿入法では、胸の形はバッグの形に依存することになってしまいます。
そのため、バッグの形や挿入する方法によって、胸の形が変わってしまうのです。
形や挿入方法があっていない場合には、バストの形が不自然になったりいびつに見えてしまったりする可能性があります。

ヒアルロン酸注入法では、胸の感触が不自然になることがあります。
ヒアルロン酸注入法とは、切開せずにバストアップをする方法です。
ヒアルロン酸をバストに注入することで、プチ豊胸ができるのです。
ヒアルロン酸注入法は、非常にお手軽な豊胸手術で、手術時間は多く見積もっても2~3時間程度となっています。
身体にメスを入れることがないため、身体的負担が少ないのも特長です。しかし、ヒアルロン酸が胸に注入されているだけですから、胸の感触が硬くなってしまうことがあります。
もともとある程度の大きさのある胸なら、多少は柔らかくなることが期待できます。
ただし、不自然さのある感触になってしまうので、ナチュラルさは期待できません。
バッグ挿入法も同様に、生理食塩水などのバッグを入れるため不自然な触り心地になります。



豊胸手術で後悔を感じる理由4:効果が持続しない

効果が持続しないことも、問題点になります。
ヒアルロン酸注入法は、安価で手術跡も残らず手軽に豊胸することができますが、その分効果が長続きしないといったデメリットがあるのです。
ヒアルロン酸は時間が経つことで、体内に吸収されてしまう成分となっています。短くて半年、長くても3年程度しか持続しません。
そのため、水着を着る機会の多い夏だけ豊胸したい、一定期間だけ胸を大きく見せたいという場合にはいいのですが、長く胸を大きくしておきたいときには、向いていない豊胸方法だといえるでしょう。
効果を持続させておきたいのなら、定期的にヒアルロン酸を注入し続けることが必要なので、手間やお金がかかりやすいのです。 また、豊胸手術を受けるクリニックを適当に選んでしまうと、悪質なクリニックに当たる可能性が高くなります。
そのため、効果が持続しにくくなるケースもあるようです。ヒアルロン酸にも、質の良いもの、質の悪いものが存在しています。
値段だけを重視してしまい悪質なクリニックを選んでしまうと、質の悪いヒアルロン酸を注入されてしまうこともあります。
その場合、豊胸効果の持続期間が著しく短くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。
ヒアルロン酸の質などは、素人にはわからない部分ですから、口コミや体験談などをしっかりと確認してクリニックを選びましょう。



豊胸手術で後悔を感じる理由5:トラブルの発生

豊胸手術をすることによって、トラブルが発生してしまうケースもあります。たとえば、バッグ挿入法での豊胸をした場合です。バッグ挿入法でよく使われる「ゲル充填人工乳房」が原因となったトラブルが現実に起こっています。
ゲル充填人工乳房が原因とみられるリンパ腫が見つかっているのです。
リンパ腫は血液がんの一種で、程度によっては長期の治療が必要になりますし、最悪の場合、死亡してしまうケースもあります。
必ずリンパ腫になるとは限りませんが、リスクがあることを覚えておくのが重要です。

また、バッグの種類によっては、生食バッグ内でカビが繁殖してしまうといったトラブルも起こります。
バッグが破れるなどのトラブルも起こりやすいのが特徴です。バッグを挿入してから長期間が経つと、劣化してしまい破損しやすくなります。
カビが繁殖したバッグが破れてしまうと、それが体内に流出して深刻な健康被害が起こるケースも報告されているのです。
また、カビが繁殖していない場合でも、バッグが破れ中身が流出することで、炎症などの問題が引き起こされることもあります。



おすすめは脂肪注入法!

さまざまな後悔を感じてしまうケースのある豊胸手術ですが、できるだけ後悔の少ない手術をしたいのなら、脂肪注入法を選択するといいでしょう。
脂肪注入法とは、その名の通り脂肪を胸に注入することで、バストを大きくする方法です。脂肪注入法では、自分の身体にある余計な脂肪を吸引して、それを胸に注入・移植していくことになります。
自分自身の脂肪を注入するため、異物を注入することによる拒絶反応や後遺症などが起こりにくくなっています。

手術方法としては、注射で脂肪を注入していくことになります。バッグ挿入法のように切開することがないため、手術跡が残らないのが良いポイントです。
また、手術時間も短くて済みますし、痛みも残りにくいといわれています。
まれに、脂肪吸引時に痛みを感じることがありますが、激痛を感じることはほとんどないため、痛みに弱い人でも安心して豊胸手術を受けることができるのです。

触り心地の良い柔らかなバストに仕上げることができるのも、大きなメリットになります。
脂肪注入法は、自分自身の脂肪を注入するので、本来のバストと同じような状態を保つことができるのです。
大きさや形、柔らかさなどが非常にナチュラルなため、豊胸したと気づかれにくくなります。
それだけではなく、気になる部分の脂肪を吸引できるのも、女性にとっては嬉しいポイントです。
落としにくいお腹や太もも、ヒップなどの脂肪を吸引してバストに注入することで、理想のプロポーションに近付ける可能性も高まります。

脂肪注入法では、すぐにもとの大きさに戻ってしまうのではないかと心配している人も少なくありません。
しかし、しっかりとした量の脂肪を注入すれば、バストの大きさが戻ることはありません。脂肪注入法は、半永久的に豊胸効果が続くため、非常にコストパフォーマンスに優れた豊胸手術だといえるのです。
ただし、大量の脂肪を一カ所にのみ一気に注入してしまうと、しこりができてしまうリスクが高まります。
そのため、手術方法や注入方法については、きちんと確認しておくと安心です。



豊胸手術での注意点とは?

豊胸手術を受ける際に、注意したほうがいいポイントがいくつかあります。まずは、豊胸手術の値段についてです。
豊胸手術はしたいけれども、お金をあまりかけたくない、できるだけ節約したいと思ってしまうことは当然です。

しかし、値段にばかり気を取られていると、質の良くないクリニックを選んでしまう可能性もあります。
特にバッグ挿入法で豊胸手術をおこなう場合には、注意が必要です。あまりに安価なクリニックを選択すると、トラブルが起こる可能性が高まってしまいます。
ほかのクリニックと比べて不自然なほど安価なクリニックでは、質の悪いバッグを使っている可能性もあるので、値段だけでなく手術方法や実際に豊胸をした人の口コミなどを、必ず確認するようにしておくと安心です。

自分の身体に合った手術方法を選ぶことも重要になります。どの方法が自分に合っているのかを見極めるためには、値段だけでなく手術内容について詳しく説明を受けることが必要です。
たとえば、痛みに弱いのなら切開の必要があるバッグ挿入法は避けるようにするといったように、痛みや効果の持続性などを、きちんと比較しましょう。

豊胸手術は、望む形にバストを大きくすることも重要ですが、自分の身体への影響、健康に与える影響を考えることも大切です。
豊胸手術を受けてトラブルになった例や、豊胸手術が原因でなんらかの病気になってしまうこともあります。そのため、どの方法なら安心して豊胸できるのかをしっかりと吟味することが後悔の少ない手術への第一歩です。
健康を保ちつつバストアップできるような手術方法を選ぶことで、満足のいく豊胸ができます。



後悔しない方法を選ぼう!

豊胸手術をすることで得られるメリットは多くあります。
しかし、場合によっては後悔してしまうケースもあるため、しっかりと情報収集することが重要になります。
自分に合った豊胸手術はどれなのか、クリニックの評判はどうか、きちんとチェックすることが重要です。
さまざまな情報を集めて、安全な豊胸手術を選ぶようにしましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902