受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

胸が小さいことがコンプレックス!悩みを解消するための方法とは?

胸が小さいことがコンプレックス!悩みを解消するための方法とは?

胸の大きさというのは人によってさまざまです。
そのため、大きすぎたり、小さすぎたり、あるいは全体のバランスが悪いと感じたりする人は少なくありません。
中でも胸が小さくて悩む女性は非常に多いものです。
そこで、この記事では、そもそも、なぜ胸が小さくなってしまうのかについて解説しつつ、悩み解消のための具体的な方法を6つ紹介していきます。



胸が小さくなってしまう原因とは?

胸の大きさはさまざまな要因によって左右されます。その中でも代表的なものとして挙げられるのが遺伝です。
一般的に、母親が巨乳だと娘も巨乳、貧乳なら娘も貧乳になりやすいという傾向があります。
ただ、これはあくまでも傾向であり、遺伝がすべてを決定づけるというわけではありません。
ちなみに、貧乳の後天的な要因として挙げられるのが、「痩せすぎ」「血行不良」「姿勢の悪さ」「ホルモンバランスの乱れ」「間違った下着のつけ方」の5つです。

そもそも、胸は乳腺組織と脂肪からできているのですが、痩せすぎている人の場合はその脂肪が決定的に不足しています。
そのため、貧乳にならざるを得ないというわけです。

また、胸が大きくなるためには栄養や酸素を細胞に送ってあげる必要があります。
ところが、いくら栄養を摂取しても血行不良に陥ると、栄養や酸素が胸の細胞に十分に運ばれなくなるため、やはり貧乳になってしまう可能性が高くなってしまうのです。
そして、その血行不良の原因の一つとなるのが姿勢の悪さです。
姿勢が悪いと体が歪むので、血のめぐりが悪くなってしまいます。
それに、猫背になると胸が小さく見えるうえに垂れやすくなるという問題も生じます。

さらに、胸の発達に深く関わっているのが、女性ホルモンの一種であるエストロゲンです。
エストロゲンは乳腺組織を発達させる働きがあるのですが、ホルモンバランスが乱れてエストロゲンの分泌が少なくなると、逆に、胸の発達は阻害されてしまいます。
それから、意外と重要なのがブラジャーのつけ方です。
ブラジャーの役割は胸の周りの脂肪を固定して形を維持することにありますが、つけ方を間違うとその脂肪が横や下に流れてしまい、その結果、やはり胸は小さくなってしまいます。



悩みの解消方法1:下着を正しく身につける

体にぴったりとフィットした下着を身につけている女性は意外に少ないものです。
そして、サイズの合わない下着は胸に良くない影響を与えます。たとえば、ブラジャーが大きすぎると胸が垂れ、肩の筋を痛めることにもなりかねません。
一方、小さすぎると、胸部を圧迫して血行の妨げになるうえに、胸の脂肪が流れてしまいます。
しかし、実際問題として、自分で胸のサイズを正確に測り、それを元にして正しいサイズのブラジャーを選ぶことは困難です。
そこで、専門店などできちんとサイズを測ってもらい、購入時には試着することが大切になってきます。
さらに、フィッターのいるお店なら、カウンセリングを受けて正しいブラジャーの身につけ方を学ぶのも一つの手です。

そうして、自分に合ったサイズの下着を正しく身につけることができれば、胸の脂肪は流れにくくなります。
それに加え、トイレに行ったときなどにはみ出た脂肪をブラジャーの中に押し込み、胸の形を整えていくとより一層の効果を得られるはずです。



悩みの解消方法2:適正体重をめざす

胸の大きさは脂肪の量で決まります。つまり、痩せ型で体全体の脂肪が少なければ、なかなか胸は大きくならないのです。
そこで、もし、痩せていてなおかつ、胸が小さいことに悩んでいるというのなら、適正体重をめざしてみるのも一つの手です。
そうして、脂肪をある程度たくわえていけば、それがバストアップにつながっていく可能性があります。
ちなみに、適正体重とはBMIが18.5以上25未満の範囲を指します。BMIは「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))」で求められるため、仮に、身長が160cmだとすると48kg以上64kg未満が適正体重ということになるわけです。

ただし、胸を大きくしたいのであればBMIは20以上はほしいところです。
そうなると目指すべき体重は52kg以上ということになります。同様に、身長が155cmなら48kg以上、150cmなら45kg以上が目指すべき数値です。
しかし、中には小食でなかなか体重を増やせないという人もいます。その場合は一度の食事量を増やそうとするのではなく、食事の回数を増やすのがコツです。
たとえば、今まで1日3回だった食事を1日5回にしてみるのです。そうすれば、1回1回の食事は少なくてもトータルでかなりの量を食べることになり、体重の増加へとつながっていきます。



悩みの解消方法3:姿勢を正す

現代の人々はスマホやパソコンを使っている時間が多く、どうしても前傾姿勢になりがちです。
そして、前傾姿勢には肩が内側に入り、胸が小さく見えてしまうというデメリットがあります。
しかも、それだけならまだよいのですが、姿勢が悪いと血液やリンパ液の流れを滞らせてしまいます。そうなると、新陳代謝が潤滑に進まなくなり、胸の成長を妨げてしまうことにもなりかねません。
逆に、正しい姿勢をキープし続ければ、血液やリンパ液の流れが盛んになり、栄養や酸素がどんどん胸に運ばれていきます。つまり、胸の成長を促進させることにつながっていくのです。

しかも、姿勢を正すメリットはそれだけではありません。
まず、正しい姿勢を取ると猫背の場合などと比べて、胸が大きく見えやすくなります。また、筋肉のバランスがよくなるのでボディラインがきれいになるという点も見逃せないポイントです。
そのうえ、正しい姿勢は疲れを軽減させ、気分を向上させてくれます。
さらに、呼吸を深くし、代謝を高める効果が期待できるのも大きなメリットです。このように、さまざまな相乗効果により、姿勢の改善はバストアップを始めとする美容や健康の向上に深く関わっているのです。



悩みの解消方法4:生活リズムを整える

悩みの解消方法4:生活リズムを整える

日々の生活習慣は胸の大きさと密接な関係を持っています。
まず、栄養が不足していると胸はなかなか成長しないので、いかに栄養バランスの良い食事をとるかが重要になってきます。
特に、イソフラボン、タンパク質、ボロンなどの栄養素は欠かせません。この内、イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをしてくれます。
つまり、イソフラボンを多く摂ればそれだけ胸の発育を促してくれるというわけです。

また、タンパク質は胸の9割を占める脂肪の合成を促進し、血液や筋肉の材料にもなります。
さらに、ボロンはエストロゲンを活性化する効果があり、多く摂取することで胸の成長を促してくれます。
問題は何を食べればこれらの栄養素が摂取できるかですが、たとえば、イソフラボンが含まれているのは大豆食品です。
具体的には、納豆・豆腐・油揚げ・きな粉・味噌などが挙げられます。次に、タンパク質が豊富な食品として挙げられるのが肉類・魚介類・卵類・大豆製品・乳製品などです。
それから、ボロンを多く含む食品には海藻類・キャベツ・リンゴ・ぶどう・アーモンドなどがあります。

一方、生活習慣において食事と同じぐらい重要なのが睡眠です。細胞の再生や修復、栄養の供給といった胸の成長に欠かせない働きをしているのは主に睡眠中です。
したがって、いくら栄養を摂取しても、十分な睡眠が確保できなければ片手落ちという話になります。バランスの良い栄養と質の高い睡眠の両方が揃って初めて大きな効果を発揮することができるのです。



悩みの解消方法5:マッサージをする

栄養と睡眠をしっかりと摂ったうえでおこなうと効果的だといわれているのがマッサージです。
マッサージをすると血液やリンパ液の流れがよくなり、胸の発育に必要な新陳代謝が促進されていきます。
ただし、より高い効果を得ようとして力いっぱいマッサージをするのは厳禁です。
力が強すぎると、乳腺や靭帯を傷付け、逆に発育を妨げてしまいます。あくまでも、優しく丁寧におこなうのがコツです。
また、マッサージをするタイミングとしてはお風呂上がりなどの血行がよくなっているときが最適です。

なお、マッサージの種類としては、大きくわけてリンパを刺激するものと乳腺を刺激するものの2つがあります。
まず、前者の方法ですが、第一段階としてリンパ腺が集中しているわきの下と鎖骨を丁寧にマッサージし、リンパ液の循環を促します。
そのうえで、バスト周りや鎖骨からわきの下に向かってリンパを流すような感じでマッサージをしていくのが効果的です。
一方、後者の場合は片手で持ち上げ、もう片方の手で胃の部分にあるお肉をバストの下まで持ち上げるような感覚でマッサージを施します。こうすることにより、乳腺が刺激され、バストアップにつながるというわけです。

しかし、いずれにせよ、中途半端なやり方では大きな効果は期待できません。
正しい方法で、気長に続けていくことが大切です。



悩みの解消方法6:豊胸をする

コツコツと努力を続ける余裕がなく、すぐに悩みを解消したいという人におすすめなのが豊胸です。
豊胸ならば、手術を終えると同時に胸が大きくなります。
また、豊胸にもさまざまな種類がありますが、その中でも、自然な形と手触りが得られ、仕上がりの完成度が高いのが脂肪注入法です。
脂肪注入法とは太ももやお腹の脂肪を採取し、それを胸に注入する方法です。豊胸の際に心配なのが拒絶反応ですが、この方法なら使用するのはあくまでも自分の脂肪であるため、その心配はありません。
さらに、切除するわけではなく、注入をするだけなので、バストに傷跡が残らないのもうれしいところです。以上のように、満足のいく効果が期待できるうえに、安全性が非常に高い点が脂肪注入法の魅力だといえます。

一方で、脂肪注入法には不純物が十分に除去できていなかったり、注入した脂肪が1箇所で固まってしまったりして、しこりになってしまいやすいという問題がありました。
しかし、現代では、不純物をしっかりと除去して良質な脂肪のみを加工する技術が開発されたことにより、そうしたリスクの回避が可能になっています。



まずはできることから始めよう!

胸が小さいのは遺伝だからとあきらめてしまうのは早計です。
なぜなら、胸の大きさはけっして遺伝だけで決まるものではなく、いくつもの要因が複合的に絡まり合ってできた結果だからです。
したがって、胸が小さいという悩みに対しても、それを解消するためのさまざまなアプローチがあります。
まずはできることから少しずつ実行していき、悩みを軽減できるようにしていきましょう。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902