受付時間:10:30~19:30(水曜日休診)

  1. カウンセリング予約
  2. メールカウンセリング
  3. お問い合わせ

いますぐ何とかしたい!即効性のバストアップ方法とは?

いますぐ何とかしたい!即効性のバストアップ方法とは?

バストアップ法は、すぐに効果を出せるものからそうでないものまでさまざまあります。
バストアップに興味のある人の場合、即効性のある方法を実践して、短期間で結果を出したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、いますぐ胸を大きく見せたいという人のために、即効性のあるバストアップ法について紹介していきます。



胸が小さく見える猫背を改善する!

即効性のあるバストアップ法を実践したいのであれば、姿勢を見直すことが一番です。
これが、もっとも手軽に胸を大きく見せられる方法になります。姿勢を正すことがバストアップにつながるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、猫背の人は姿勢が良い人よりも1カップも胸が小さく見えてしまうといわれています。丸まった背筋をしっかりと伸ばして胸を張れば、胸がつんと上がり、猫背のときよりも胸が大きく見える効果が期待できるのです。

姿勢を正すときのポイントは、背筋を伸ばしたときに、胸を斜め上に向けるように意識することです。
まずは、後頭部、肩、お尻を壁につけ、かかとをしっかりと合わせて立ってみましょう。
このとき、体の中心に1本の棒が通っているイメージで背筋をピンと伸ばし、バストトップを斜め上に向けます。普段から猫背の人は、この姿勢をするだけで肩が開き、胸郭も開いていることがわかるでしょう。

このとき、腰が反ったりあごが上がったりなど、余計な部分に力を入れることは避けましょう。
美しい姿勢を保つためには、腰やあごに力を入れずに、胸にだけ意識を集中させることが大切です。
座ったときなども、腰を反らないようにして胸だけを上に向けるように注意すると、自然に胸を大きく見せることができます。背筋を伸ばすことは、誰でも簡単に行えます。
トップバストの位置を上げることを意識して、猫背を改善し胸を大きく見せましょう。



胸に合ったブラジャーを選ぶ

胸を大きく見せるためには、自分の胸に合ったブラジャーを選ぶことも大切です。
サイズの合っていないブラジャーをつけると、胸が垂れたり離れたりといった原因を作ってしまうことがあるからです。
ブラジャーのサイズはきちんと選べている、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、多くの人は、ブラジャーをつけているときに痛みや違和感を覚えていないというだけで、実際はブラジャーのサイズが合っていない可能性が高いのです。
サイズが合っていないと、自身の胸の大きさや魅力をブラジャーによって活かせません。
「もう何年もバストのサイズを測っていない」「ずっと同じサイズのブラジャーを選んでいる」という人は、この機会に正しくバストを測って、自分の胸に最適なブラジャーを選ぶようにしましょう。

バストサイズは、トップバストとアンダーバストが地面と平行になるようにして測るのが正しいやり方です。
この状態できちんと測ることができたら、自分が購入しているブラジャーのサイズ表を確認しておきましょう。
海外ブランドなどはサイズ表記が異なる場合があるので、事前に確認しておくと安心して購入できます。

購入する際は、バストアップ効果のあるブラジャーを選びましょう。ブラジャーには「フルカップ」「3/4カップ」「1/2カップ」など種類がいくつかあります。
このなかで、胸を大きく見せやすいのは「3/4カップ」です。「フルカップ」の場合、胸をしっかりと包んでくれるものの、小さい胸ですと胸の上部とブラジャーの間に隙間ができやすくなります。「1/2カップ」では、胸を支える力が弱く、胸を大きく見せるには向きません。胸を支えて、胸とブラジャーの間に隙間もできにくいのが「3/4カップ」というわけです。

なお、ブラジャーを選ぶときは、しっかり固定できるワイヤーブラやホールド感に優れているものなど、機能性にも注意して選ぶことも大切です。
特に、カップから脇を支える土台は、幅が広めでしっかりと背中まで支えてくれるものを選ぶのが良いでしょう。さらに、パットの入っているブラジャーを使えば、手軽にボリュームアップが可能ですし、パットによってカップの密着度もアップできます。

普段ブラジャーを着用しているときに、胸とカップの間がフィットしていないという人は、パットを活用して着用時の違和感を軽減してみましょう。
パットの形は、大きければ大きいほど良いというわけではありません。不自然に大きなパットを選ぶのではなく、胸を下からしっかりと支えてくれるレモン形が適切です。

自分に最適なブラジャーを選んだら、ブラジャーの正しいつけ方も覚えておきましょう。普段、ブラジャーを適当につけている人も多いかもしれません。
しかし、正しくつけないと実際のバストよりも小さく見えてしまう可能性があるので、きちんとつけることが大切です。まずは、ブラジャーのストラップに両腕を通して肩にかけ、上半身を前に倒します。ブラジャーをバストの底辺に合わせたら、ホックを留めましょう。このとき、背中とブラの間に指1本分の隙間が入る程度にホックを微調整します。

その後、姿勢をキープしたまま、脇や背中に流れた脂肪をきちんとカップに入れて、両胸を整えながら上体を戻します。
そして、ストラップの長さを調節し、アンダーラインが前後できちんと水平になっているかを鏡で確認すれば完了です。ストラップは、指を1本通せる程度に余裕があり、たるまず肌にぴったりと沿っている状態がベストです。バストアップや胸の形をキレイにするためにも、自分の胸に合ったサイズ選びと正しいつけ方をマスターしましょう。



固まった胸の筋肉をもみほぐす!

胸の筋肉をほぐすことは、バストアップにつながります。体の温まった入浴中や風呂上がりが効果的なので、毎日の習慣として取り入れるようにしましょう。
やり方は、まず両脇をしっかりと伸ばしてストレッチしたあとに、鎖骨の下の筋肉をほぐしていきます。
鎖骨のすぐ下には小胸筋と呼ばれる筋肉があります。その筋肉を、右手の人差し指と中指、薬指を使ってやさしく押さえながらほぐしていくのです。

その後、脇回りに流れた脂肪を、人差し指と中指、薬指を使って、小さな円を描くように揉んでいきます。
それを30秒ほど行ったら、さらに下の位置(ブラのカップの境目の位置)を30秒ほどほぐします。
脇回りの筋肉を十分にほぐしたら、左胸の下部を右手で支え、胸全体をしっかりと持ち上げましょう。その状態で、脇にはみ出た脂肪を左手で中央に寄せるように、30秒ほどさすります。

次に、左胸を左手で持ち上げ、脇にはみ出た肉を右手で引き寄せるようにしながらマッサージします。
この流れを反対の胸も同様に行えば完了です。胸を包み込むようにして、下から上へ、外から内へマッサージするのが基本です。特に、脇の下や鎖骨付近は血管が多いので、より丁寧に揉みほぐしていきましょう。

このマッサージを定期的に行うことで、胸の土台となる筋肉をリラックスさせて血行を促進し、胸から流れた脂肪をしっかりと集めることができます。
なお、マッサージは10~15分がベストです。即効性を期待し過ぎるあまり、力任せに行うことは避けましょう。バストには刺激を与えないように注意し、やさしく行うことが大切です。
また、素手で行うと肌を痛める場合があるので、クリームやオイルなどで肌のすべりを良くすることも忘れないようにしましょう。



ナイトブラで寝ている間のバストケア

就寝中は、締め付けられるのを避けたいといった理由から、ブラジャーをつけない人が少なくありません。
しかし、このような行為はバストアップの妨げになります。
しっかりと胸を支えておかないと、仰向けや横向きで寝ているときに胸の脂肪が下へ流れていってしまうからです。バストアップを目指すのであれば、寝ている間もしっかりとケアする必要があります。

このときに活用したいのが、ナイトブラです。ナイトブラとは、背中や脇など周囲に流れた肉を胸に集めて定着させるためのブラジャーで、クロスベルトを使って肩甲骨から引き上げるようにしたデザインが多いのが特徴です。これをつけることで、就寝中でもしっかりと胸を支えて、脂肪が流れるのを防ぐことができます。
ナイトブラは、ワイヤーがなく締め付け感の少ない商品が多いので、締め付けられるのが苦手な人でも安心してつけられます。ナイトブラで、就寝中のバストケアをしっかりと行っていきましょう。



バストをふっくらみせるトップスのデザインとは?

胸は、洋服のデザインによって大きく見せることも小さく見せることも可能です。バストをふっくらと見せたい場合、トップスは首回りがゆったりとしたものを選ぶのがベストです。特に、ボートネックは横に流れるラインに胸を大きく見せる効果があるので、バストをふっくらみせたい日にぴったりなデザインになります。
反対に、胸が深く開いたVネックデザインの服は避けたほうが無難です。

胸を大きく見せたいといった理由から、谷間が見えやすいVネックデザインのトップスを着用するという人も多いかもしれません。
しかし、深いVネックであればあるほどVの切れ込んだ部分に目が行ってしまうため、両サイドにある胸がより貧相に見えてしまうのです。
バストラインを強調するような胸と洋服が密着するデザインも避けたほうが良いでしょう。

バストをふっくらと見せたい場合は、バストトップに向かって膨らんだ後、そのままバストトップの高さから緩やかに下に落ちていくようなデザインのトップスが最適です。
服を選ぶ際は、胸の形やサイズを強調するものではなく、胸の膨らみの高さを感じさせるものを選ぶことが重要なのです。もちろん、洋服の色にも気を配ることを忘れてはいけません。
寒色系は、引き締まった印象により、胸が小さく見えるため避けたほうが良いでしょう。白や黄色、ピンクといった暖色系の服を選ぶと、やわらかい印象を与えてバストをふっくら見せることができます。



豊胸で理想の美乳を目指す!

豊胸で理想の美乳を目指す!

成長期を過ぎたあとのバストは、妊娠や出産などがない限り、大きく変化することはほとんどありません。
そのため、胸を大きくしたい場合は、バストアップに効果が期待できるケアを習慣付けることが大切です。
より確実にサイズアップをしたいという人は、今回紹介した美しさを保つためのケアを日常生活に取り入れつつ、脂肪注入法による豊胸手術もひとつの方法として検討してみてはいかがでしょうか。



※本記事は特定の施術のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。また、効果には個人差がございます。

池田優子について

池田優子のプロフィール

池田優子のSTORYはこちら池田優子のLOVE HEARTS STORY

バストアップコラム

胸のお悩みアンケート調査

カウンセリング予約

メールカウンセリング

豊胸手術・バストアップのよくあるご質問

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-1市野ビル8F
TEL:03-5428-3905 FAX:03-5428-3902